プチゆる週末PJT

外資系企業で働きながら、プログラミング学習者の「作ってみた」を応援するサイト「Eggineer」の開発・運営を行なっています

プログラミング素人がLinuxに興味を持って本を買いました

Linux面白そうだなあと思ってメルカリで本を買いました。

環境構築、サーバ周りをいじる上で、Linuxの知識がある役に立ちそう

とか

RubyとかJavaとかの言語レベルだけでなく、ポータブルな領域も勉強したい

とか

そういえば、けんすうさんなんか言ってたなあ

あ、これはUNIXか。

くらいのノリなのですが。

 

シェルとか環境変数がどうとか、僕は苦手で、そういうポータブルに必要とされる知識こそ、知ってるといいかもなあなんて思っていたりして、少しでも役に立てばいいなあと。

とりあえず本屋で、アマゾン高評価のLinux本を読んでみたのですが、難しいものばかり。

他もパラパラ眺める中で、これが一番自分のレベルに合ってそうだなあと感じ、購入。

プログラミングの本って、高評価の物を購入するよりも、自分のレベルに合ったものを購入するのが大切なんだろうなあと感じる今日この頃です。